リフォーム業者を見つけるための情報サイト

リフォームのタイミングはいつなの?

外壁リフォームを行うタイミングについて

リフォームのタイミングは、各家の劣化状況にもよるとは思いますが、大体築10年が目安と言われています。
というのも日本の住宅のほとんどは窯業系サイディングボードという外壁材が使用されており、これはセメント質が原料になっているのですが、防水性能はないのです。
そのために工場で出荷前に防水機能を持たせていますが、もっても5、6年で機能がなくなってしまいます。
また、例えば他の外壁材を使用していたとしても同様の年月で防水効果がなくなってしまうため約10年がリフォームをする目安と言われています。
ただ、住んでいる地域の気候であったり、積雪地、台風が来ることが多い地域で劣化状況も変わってきますのでリフォームのタイミングも多少変わってくると思います。なので地域の特徴も知っておいてください。

リフォームの内容について

外壁リフォームのことを考えた時に、汚れを綺麗にしたい、ヒビが入っているから修繕したい、防水性が薄れてきたから効果を改善させたい等と様々な劣化状況によってお悩みも違ってくると思います。
リフォーム内容にも新調、補修・修繕、塗装といくつか種類があり、どのリフォームをするかによって工事期間と、そして費用にも大きく影響してきます。
どのリフォーム内容が適切であるかを判断するためには、必ず劣化状況を確認してください。
少ないヒビ割れ程度であれば補修で済みますし、費用も抑えることができます。
しかし、激しいヒビ割れだったりチョーキング現象が起こっている場合は、しっかりとした塗装工事が必要になります。
ご自身で判断がつかない場合は、業者や専門家に相談して適切な判断を仰いでください。


この記事をシェアする